闇と言っても、真っ暗闇ではありません。

うっすらと陰ができるくらいの

ほの暗い、ぼんやりとした闇です。

昭和の文豪、谷崎潤一郎が「陰翳礼讃」の中で

漆器は、陰翳のある家屋の中で映え、より一層その美しさを増す。

と書いています。

京都の馴染みの料亭は、

彼が訪れると電気を消して蝋燭を灯したといわれるほどです。

秋もすっかり深まり、つるべ落としの日は落ちて

あのギラギラした夏の陽射しなど思い出すこともできないほど。

夜が日に日に長くなっていきます。

闇を愉しむ季節が訪れた、ということなのですね。

耽美主義作家、谷崎潤一郎は

女性はもとより、美しいものをこよなく愛しました。

美しいモノ、というよりは美そのものを愛していた、と言ったほうが良いかも知れません。

物体にあるのではなくて物体と物体との作り出す陰翳のあや、明暗にある、と。 

夜目、遠目、笠の内。

この3つのシチュエーションは女性が最も綺麗に見えるそうな。

どれもハッキリとは見えない状態です。

そして、どれも陰の明暗ができる状態でもあります。

綺麗に見せたい女性と、夢を見ていたい男性は

どうにかしてこの状態を作り出すことをオススメします。 

さて、ほの暗い中での漆器が美しいことに加えて

もうひとつ。

視界が制限されると、自然と感覚が研ぎ澄まされます。

特に聴覚と触覚。 

漆器が触れ合う中で生まれる音は、さながら微かな木琴のよう。

そして、なめらかでほんのり温かい感触は、美しい女性の肌のよう。 

お食事に、そんな愉しみが加わったら•••

ドキドキしませんか?

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK