サイトへ戻る

東博の仇を静嘉堂で•••

 

· 博物館,美術館,国宝,曜変天目

東京国立博物館創立150周年記念特別展

「国宝 東京国立博物館のすべて」

コレは必ず行かなければ、と夏の暑い盛りにホテルと飛行機を予約した。

まとまった日数がとれるのは半年近く先になる。

 

体調を整え、慣れない筋トレに励み、ひたすらその日を待ち続けた。

チケットは時期ごとに発売日がちがう。

ホテルや飛行機の予約は夏にしたけれど、チケット購入は寒くなってからだ。

チケット発売開始のまさにその時、目の前が真っ暗になった。

希望の日時のチケットが取れない。

仕方がない、他の日に•••取れない。

SNSにはチケット取れない話があふれかえる。

コンビニの方が取りやすいかも、というのを見てひた走るが徒労に終わる。

 

3日くらいかけてゆっくり見に行こうなんて儚い夢だった。

あと10年、あるいは50年長生きしなさいという神様の思し召しかと諦めた。

 

その代わり、10月に丸の内に移転したばかりの静嘉堂文庫美術館、国立科学博物館、国立西洋美術館、森アーツセンターギャラリーと日替わりで見て回ったよ。 

 

富樫義博展はHUNTER×HUTERを中心に、西洋美術館は常設展を。

科学博物館は「毒」の展示が見たくて、どれも楽しめた。

 

でもね、圧倒的だったのは静嘉堂文庫の「曜変天目」

 

写真や映像で見たことはあったけれど、実物をみるのは初めてだった。

薄暗い展示室の中でひときわ妖しい輝きを放っていた。

小碗の中の大宇宙とはこのことか

片手に収まりそうなほどの小ぶりの茶碗の内側には、壮大な宇宙が広がっていた。

 

円陣を組むように固唾を呑んで魅入っていた大人たちの足元で

「うわぁぁ、すいこまれるぅぅ」

可愛い声があがって、それまで張り詰めていた空気が緩む。

年少さんくらいの男の子が、このお茶碗でゴハンを食べたいと母親にせがんでいた。

 

国宝展では特に刀剣が見たかった。

ガラス越しの刀剣鑑賞は中腰になることが多いので、スクワットに挑戦して対策していた。

いつになく健康管理も頑張ったから、ここ数ヶ月は体調万全だった。

コレをあと10年は続けなさいね、ということなのかしら。

200周年までは待てそうにないので、150周年の次は160周年であってほしい。

個人的には151周年でもかまわない。

 

静嘉堂文庫美術館には毎年訪れたい。

東博の国宝展を逃して悲しむ私を全力で慰めてくれた「曜変天目」に心から感謝している。

 

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK