Return to site

女神はとつぜん降り立った

 

気づかずに通り過ぎてしまっていること。

 

きっとそれは、気づかないほどたくさんある

· カフェ,おもてなし,気づかい,ありがとう

そこは、たまに訪れるカフェ。

 

高い天井と開放的な空間が気に入っていた。

うっかり重なってしまったスケジュールに追われて、ロクに眠れていない。

疲労をどっぷり背負いながら、後半戦を乗り切ろうと漂うように歩いていた。

とはいっても、ぼーっとしていては効率も悪いからと、私は自分にコーヒーブレイクを支給した。

 

温かいラテと•••クロワッサン。

オマケをつけて自分を甘やかす。

すると、注文を確認しながらレジを打っていた女性がふいに

あの•••

私の記憶が間違っていなかったら

ぬるめのフォームなし、ですよね?

と、ささやく。

その瞬間、ぼんやりとしたアタマに涼しい風が吹き込んできた。

あ、そうだ、そうです。

お願いします。

憶えていてくれて、ありがとう。

ニッコリ笑うお姉さんが女神に見えた。

私はあなたのことを憶えていなかったのに

最近、人相が変わるくらい髪を短く切ったのに

このまえ訪れたのは1ヶ月以上まえなのに

憶えていてくれて、ありがとう。

 

 

あなたのおかげで、今日は良い日になりそうです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly