Return to site

母と娘の3週間

· 花嫁の母,思い出,重箱

あるご婦人から、お重箱のお問い合わせがありました。

嫁がれるお嬢様へ贈りたい、とのこと。

 

ご予算、色、形のお好みなど伺って

まずはスタンダードな3種類と個性的な2種類の写真をお送りしたところ

もっとご覧になりたいと仰るので、ご要望などお聞きして

さらにいくつかのお品の写真をメールで送信。

 

選ぶことが苦手な方なら2〜3の候補から選ばれることが多く、

いろいろ見たいと仰る方でも選択肢が二桁になると

選ぶことに疲れてしまう方もいらっしゃるようで、

結局は最初にご紹介したものへと戻ることが多いのです。

 

ところが、その方は2〜3日ごとにメールを下さって

「もっと他のものも見てみたい」

 

お送りした写真はゆうに三十を超えていました。

 

そんなやり取りが3週間ほど続いたある日、

あるクラシックなタイプのお重箱をお選びになり、

お品は、新婚のお二人が住まわれる新居へ直接お送りすることに。

 

お品物が届いた数日後、お礼のメールを出そうとしていた矢先、

そのご婦人からメッセージが届きました。

 

 

バリバリのキャリアウーマンだった娘とは

ここ何年もゆっくり話しをする時間などなかったけれど、

一緒にお重箱を選ぶときは、

娘が小さかった頃の想い出話しに花が咲きました。

 

久しぶりに母と娘の時間が持てて、本当に嬉しかった。

嫁いでしまう娘と少しでも長く話していたくて、

たくさん写真を送って下さるようにお願いしてしまいました。

 

結婚式前に、娘とゆっくり話すきっかけを与えてくれて

ありがとう

 

 

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly