Return to site

断捨離の季節

 

「捨てる」のに最適な春

· 断捨離,春,モノ

春は「出会いと別れの季節」と言うけれど

「別れと出会いの季節」のほうが順番として妥当だと思う。

持っているモノを捨てなければ

新しいモノは訪れない、とも言われているから

やはり「捨てる」のが先なのだろう。

モノって、気づかないうちに増えていく。

澱のように積もっていくのだ。

モノに埋もれて身動きできなくなる前に捨てなくっちゃ、と

なかば脅すように自分に言い聞かせる。

曰く、いつか使うかも知れないものは一生使わない。

曰く、1年間着なかった服は2度と着ない。

曰く、好きじゃないモノに囲まれていると運も気力も落ちる。

「起きて半畳、寝て一畳、天下取っても二合半」

と言うように、そんなに多くは必要ないらしい。

ならばいっそのこと、捨ててしまえ。

どれほど多くのモノがあっても寂しいときは寂しいし

どんなに辛くてもモノに救われることなどない。

いつでも、自分を幸せにするのは自分だし

不幸にしてしまうのも、自分なのだわ。

風通しを良くするために

つまづいて転ばないように

大好きだよ、と言えないモノは

捨てていい。

P.S. モノをヒトに変換するのも可

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly