· 強い光,妖しい闇,漆器

陽射しが眩しい夏は、漆器のオフシーズンだと

勝手に決めつけていました。

 

あのギラギラした強い光は

黒と赤のしっとり艶やかな肌には厳しいなぁ、と。

そう言えば、お花見、お月見、紅葉狩り、

人々が野外にお重箱を運んで宴をひらくのは

陽射しも風も心地よい季節。

 

漆器を洗うのに最適な温度はぬるま湯。

洗い終わったら濡れたまま放おっておかないで、

乾いた柔らかい布で水気をとって静かに寝かせておく。

まるで人と同じ扱いではありませんか?!

人が心地よいと感じる環境が、漆器にとっても居心地が良かったから

こんなにも長い間、人と漆器はともに過ごしてきたのですね。

さて、夏は本当に漆器のオフシーズンなのか、という件。

たしかに、夏の陽射しは激しくて厳しい。

けれどその一方で、強い光は濃い影を生みます。

夏の闇はちょっぴり妖しくて心地よい。

その暗い影の中で、漆器は艶々とした色を放って輝きます。

温かいものは温かいままにしてくれるように、

冷たいものは冷たいままにしておいてくれます。

冷たい飲み物やお料理、アイスクリームやシャーベットなどを

夏の高温攻撃から優しく守ってくれます。

夏は日陰で、

あるいは屋内で、

強い陽射しの裏側の心地よい闇の中で、

夏の漆器を愉しんで下さい。

 

きっとそこには、いつもと違う夏があります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly