Return to site

さなぎ(蛹)の中身はドロドロ

· さなぎ,息子,先生,成長

彼はいまサナギ(蛹)なんです。

担任の先生の口から出たのは、そんなファンキーな言葉だった。

息子の学校からは、たびたび電話をいただいた。

そのたびに「申し訳ありません」と平謝りする。

いつの頃からか、先に謝り、その後「今度は何をしましたか」と聞いていた。

 

サナギって、中身はドロドロなんです。

それが時間を経て、成虫に形成されて羽化するんです。

成虫になるために必要なドロドロの訳の分からない時期なんです。

そう説明してくれたのは、担任の先生。

彼女は小学生時代の息子をもっとも理解してくれていた。

すべての先生方が眉をひそめるコトでも、

そうしたかった彼の気持ちは分かります、と言ってくれた。

たった一人でも、そう言ってくれる人がいる。

それがどれほど有難かったか、忘れることなどできない。

 

ウチの息子は、彼女のご主人と似ているのだそうだ。

だから理解できる、と。

なかなかの変わりモノらしく、初めてご主人のご両親と会った時、

本当にウチの息子でいいのか、いったいどこがいいのか、と

真顔で聞かれたとか。

 

「普通のモノサシでは測れない人です」

 

そう答えた彼女とご主人が、今も仲良く幸せでいてくれるよう願っている。

あの時サナギだった息子は、

今も何度目かのサナギの時期を過ごしている。

サナギになるのは、劇的な成長を遂げる前段階であると信じている。

でないと、世のお母さんたちは浮かばれない。

 

理解が及ばないとき、あり得ないでしょと怒りがこみ上げてきたとき、

あぁ、いまはサナギなんだと思うことにしている。

成長の止まった成虫になんかならなくていい。

サナギを繰り返して大きくなっていけばいい。

いつの頃からか、サナギの時期を愉しむようになっていた。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly