Return to site

活字離れがすすんでもマンガは読もう、ね。

 

カカシ先生だって人生という道に迷うんだと思うと、なんだかホッとする

· HUNTER×HUNTER,BLEACH,NARUTO,スラムダンク,家庭訪問

あれはちょうど、今頃の季節。

家庭訪問で息子の担任の先生が我が家にやってきた。

「勉強部屋を拝見します」

そう言って、先生は息子の部屋をぐるりと見回すと、

「あの引き出しはマンガですね。こっちのも。ざっと100冊といったところでしょうか。」

うそ・・・大当たりだ。

すごすぎる、この千里眼まがいの特殊能力。

「受験期ですから、ドラゴン桜やらスラムダンクやら・・・その、あの・・」

まったく言い訳にもなっていない。

でもね、そこにあるのは私が愛する息子のために厳選した名作ばかりだ。

息子達は揃って言う。

「オレ達はヲタクの英才教育を受けている」

そんな・・・ホントのことをズバリと言ってくれて

お母さんは嬉しいよ。

絵本、童話、小説、マンガ、図鑑、ライトノベル、教科書、ここらへんは全部同じだ。

活字に貴賎はない、と思っている。

なによりマンガは人生語るし、勇気もくれるし、助けられることだってある。

「最後まで・・・希望を捨てちゃいかん。あきらめたらそこで試合終了ですよ」

安西先生がそう言うから、もう少し頑張ってみようと思う。

「あまり強い言葉を遣うなよ、弱く見えるぞ」

藍染惣右介がそう言うから、言葉は選ぼうって思う。

HUNTER×HUNTER とか、NARUTOとか、BLEACHとか、

ツッコミどころも多々あるけれど、それすらも愛おしい名作の数々。

そうえば・・・

 

「君の名は。」

 

ウルウルしながら見ていた、いい感じのクライマックスで、

 

「おまえが世界のどこにいても、必ずもう一度会いに行く」

・・・・・え?ウソ、一度だけ?

純真なココロを失うと欲張りになるらしい・・・

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly