Return to site

 

1500年前、なにがあったの?

 

 

越前漆器はじめて物語

· 漆器,伝統,歴史

むかしむかし、皇位継承から遠い立場だった皇子が越前の国に住んでおりました。

愛する女性と平穏無事に暮らしていたのですが、

ある日突然、手紙と花籠を残して都へ行ってしまいました。

皇位を継承することになったからです。

彼女も一緒に都へ行けばいいじゃないのとのご意見、ごもっともです。

しかし、前の天皇の姉(妹?)との政略結婚が決まっていたので

それもかなわず。

どうにか即位した後、紅葉狩りに出かけた元皇子のところに花籠を持った女が現れます。

ご想像の通り、おいてけぼりにされたその人。

いろいろあったけど、ハッピーエンドとなり

めでたし、めでたし、というのが能楽の「花筐」(はながたみ)。

この皇子のモデルが継体天皇です。

彼が越前にいた時、土地のものに冠の修理を命じました。

塗師は漆で冠を修理し、さらに黒塗りの椀を献上したところ、

そのあまりの美しさに皇子はいたく感動して、漆器づくりを奨励した

というのが、越前漆器初めて物語と言われています。

黒岩重吾氏の「北風に起つ 継体戦争と蘇我稲目」では、

継体天皇は頭脳派として描かれています。

一方の蘇我稲目は、歴史の教科書にも出てくる蘇我馬子のパパであり、

推古天皇のおじいちゃんでもあり、デキる男のイメージ強いですね。

継体天皇は、漆器をはじめ

稲作、養蚕、採石、製紙など様々な産業をおこしたと言われ、

福井市内の足羽山に石像があります。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly